SHINDAITA FEVER REPORT 下北沢SHELTERで定期的に開催されているライブイベント「Scorebook」がspecial editionとして、12月13日に東京・新代田FEVERにて開催された。
「Scorebook」は“若くてライブ力のあるバンドを体感してほしい”というテーマのもと企画されたイベント。今回は特別編として裸体、Noshow、裸体の3組が出演。

裸体

トップバッターを務めたのは大阪を中心に活躍する裸体。
最初に「自分なりの楽しみ方で楽しんでいきましょう」と語り、Vo.ペーターの力強い歌声から始まる「原動力」でライブがスタート。
その後も軽快なリズムと熱のこもった歌声が印象的な「最期」、 アグレッシブな曲調で魅せる「言い聞かせる事」を繰り出す。
MCでは「Scorebookの特別編で今年を締めくくるイベント、いい感じにやります」と語り、ゆったりとしたエモーショナルなメロディが特徴的な「新曲」を披露。
今までの彼らにはない不思議な心地よさを感じる空間となっていった。
更に、演奏を続けながら「悲しい物もつらい物、全部を含めてうれしいだったり、楽しいだったりに変換できればいいなと思います」と観客に語り、そのままミドルテンポなナンバー「俺もそう」を披露。
最後に自身のバンドの過去を語りつつ「昔にメンバー脱退など色んなことがあったけどそれから止まることなく活動が出来ているのが奇跡だなと思う」と思いの丈を語った。
また「今日一緒に出ているbachoは一応先輩なんだけど正直結構舐めてる」といった発言なども飛び出し、会場の笑いを誘う一幕もあった。
その後「先輩がずっと止まらずにやっているのはありがたいと思うし、先にやめるわけにはいかないなと思うし、お互いがおじいちゃんになっても対バンができたらいいと思う」と熱い気持ちを語り、 叙情的なギターリフが印象的な楽曲でトップバッターの役目を終えた。

NOSHOW


続いて登場したのは渡邊忍(Gt / ASPARAGUS)、原直央(B / ASPARAGUS)、Takayoshi Shirakawa(Vo / BACK DROP BOMB)、片山豊(Dr / ex. SLIME BALL、ex. THUMB)の4人からなる圧倒的な存在感を放つバンド「Noshow」。
会場がざわめく中、躍動感あふれる「IN OTHER WORDS」からスタート。
フロアが瞬く間に熱気に包まれる中、続けて「AIN'T THAT A SHAME」「THINGS」「BEWARE」等と立て続けにパワフルなステージングを披露し、冒頭からオーディエンスを圧倒し続けた。
その後も「DON'T KNOW HOW」「THROW THEM AWAY」とアッパーなナンバーを次々に披露。観客からも自然と拳が上がり、終始激しいライブを展開。
その後MCでは渡邊忍(Gt)が今回の企画について「なんでこのつながりでという感じかもしれないが、今回出ているバンドを影で支えてくれている流通会社、いわば秘密結社的な会社の企画」と語り「だからここにいるみんなもその秘密結社の一味ということで楽しんでいきましょう」と渡邊忍(Gt)らしい笑いを誘う場面も見受けられた。
その後も次々に疾走感あふれるタフなナンバーを畳み掛け、会場の熱量は最高潮に。
ラストはUSのバンド「ALL」愛を感じさせるNoshowの魅力が詰まった「NOTHIN' AT ALL」を披露し、圧巻のステージが終了。
メンバー一人一人の存在感が凄いというのはもちろん、自身のライブを本気で楽しんでいるステージングが非常に印象的だった。

bacho

最後に登場したのは裸体と同じく関西を拠点とする「bacho」。
トリということもあり観客の熱気が高まる中、ゆっくりとステージ上に現れるメンバー。
そして轟音と共に1曲目の「続 葛藤」が始まる。ここで北畑欽也(Vo&G)が勢い良く動いたはずみでギターストラップが外れるというアクシデントに見舞われるがそのままギターを弾かずに歌うという貴重な場面もみうけられた。
2曲目となる「孤独な戦い」ではオーディエンスからも徐々に熱い歌声が聞こえ始めてきた。
曲が終わると北畑が観客に向けて「2016年はどうでしたか?」と語り、
「うすうすわかってたことではあるけどこれで終わりというゴールは絶対にない、絶対なにか行けば行くほど先が見えるだけ。
だからどんどん先が見える人生でいたい。最終ゴールはないから、どんどんそこに近づいていける人生でありたい。」と続け、
「俺たちは失敗の音楽なんで、失敗を何回もしながら2017年もやっていきたい」と語り
「これでいいのだ」をドロップ。
会場を揺さぶるような力強い北畑の歌声に観客からもこれまでにない強いシンガロングが鳴り響く。
続けての「ビコーズ」ではメンバー・観客の感情が爆発したかのような盛り上がりに、クラウドサーファーも現れた。
その後も、緩急を織り交ぜたナンバーを披露し、観客の心を掴んでいく。
そして「2017年は新しい物を形にして、ライブをやりながら、今までの人達も巻き込んで新しいところに進んでいきたいなと思ってる。」という言葉に続けて、「決意の歌」を披露。
フロアは大合唱とモッシュの渦に包み込まれていった。
ラストは感傷的でいてそれを鼓舞するかのような歌詞が印象的な「最高新記憶」で本編が終了。
そしてアンコールの催促に湧き上がる声に触れて、ステージに登場したメンバー。
北畑が「いつまでも同じようなことやってもだめだとおもうし、できだけ速く新しいbachoをみせられたらなと思う」と語り、最後に高永(Dr)の「俺達がbacho!!!」という掛け声から「サヨナラ」を披露。終始熱狂が止まらぬままこの日のイベントを締めくくった。

TOPへ